ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

飲む水を変えるだけで

グラス

効果的な飲み方

飲むと体の代謝機能をアップし、しかも脂肪の取り込みを緩やかにしてくれる水素水はダイエット向きのお水です。そこでダイエットの為に水素水を飲む場合は、水素の量が1.0ppm前後の水素水を1日1.5L飲むのがお勧めです。この場合に、重視するのは水の量ではなく水に含まれている水素の量のほうになります。ダイエット目的で飲むなら1日2.0mgの水素を摂ると効果を得ることができます。水に溶け込んでいる水素の濃度が高ければそれだけ、飲む水素水の量は減少します。水素水ダイエットをする場合は、水素の量に注目し1日3回にわけて毎日飲み続けるとダイエット効果を実感することができます。水素水を飲み始めて、体質が変わってくるのに1週間ほどかかり、はっきりと効果を実感するにはおよそ3ヵ月ほどかかります。ダイエットの効果がでてくるのに時間はかかりますが、毎日継続して飲むだけという手軽なダイエットですので試して損はないでしょう。

飲むと体内で活性酸素を

ダイエットのみならず医療の分野でも注目を集めている水素水ですが、注目される理由は体内に発生した活性酸素を除去する特徴を持っているからです。活性酸素は人にとって必要なものですが、増加し過ぎてしまうと細胞にダメージを与えてしまい老化を促進させてしまうデメリットがあります。そこで、その増えすぎた活性酸素を取り除く効果の高い水素に注目が集まり、その水素を水に溶け込ませた水素水を飲む人が増加してきています。水素は水に溶ける性質がありますが、逃げやすい性質も持っているので濃度には限界があると言われており1.6ppmぐらいが限界と言われています。普通に家で飲む場合は、水素の濃度が1.0ppmあれば十分と言われているのであまり、水素水の濃度にはこだわらなくても大丈夫です。